人気ブログランキング |

いつもながら

とぼけたことを繰り返しています.
http://www.japan-medicine.com/shiten/shiten2.html

どれを見ても,現場レベルでほぼ実現はきわめて困難または不可能であることははっきりしています.
おそらくこんな案を出すほうもわかりきった上での,国民に対するリップサービスand選挙対策としか思えません.

研修制度の整わない僻地に飛ばされる初期研修医,後期研修医(研修義務化のせいで,後期研修医は最低1年程度はまったく使えない,かつての新卒研修医レベルとなってしまった.ちなみに初期研修医は優秀なコもいますが,一部を除いては,ほぼ「ハンコの押せる学生」っていうかんじ),その研修医を押し付けられてさらに仕事の増える地方の臨床医,その研修医の診療を受けさせられる患者.
誰も幸せにならないんですけど.

環境整備といっても,結局現場に実現不可能な「努力目標」を指示するのみでしょ.実際,足りていないんだから.2〜3交代制って,交代要因はどこから連れて来るの?その給料は誰が出すの?

何年も育児休暇してた人連れてきて,一線で働けるようにするのに何年かかると思ってるの?

だいたい,不確定要素の大きな医療行為に関する結果責任を医師個人に負わせる現状の制度と国民・マスコミの意識では,リスクを伴う治療は安心して行えません.でもやらざるを得ないから多大なストレスを抱えながらやっています.しかも1日3〜4時間睡眠で.

http://www.ahk.gr.jp/HHonda.html
http://www008.upp.so-net.ne.jp/isei/htmls/t1.html
だいたい,世界標準からみてファーストフードの価格で一流のコース料理を,しかもほぼ24時間態勢で提供し続け,嫌いな食材が入っていたら訴訟を起こされる.
日本の医療はそんな状況であるという事に早く気付いて欲しい.
診療報酬(医療行為あたりの単価)は,欧米の10分の1以下です.
少なくとも僕の専門分野では,日本の技術とクオリティーは世界トップレベルですが,その検査1回あたりの診療報酬は10分の1から20分の1です.
べつに患者の自己負担を増やす必要はないのです.政府が医療にかけるお金の考え方とその必要性に気付けばいいのです.

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000006-mai-soci

「ごめんなさい,これまでの医療費抑制・医師数抑制政策が間違いでした.イギリスを見習い,180度方向転換します」って言ってもらえないでしょうか.


トラックバックURL : https://iwa987s.exblog.jp/tb/13657619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by iwa987s | 2007-06-05 00:00 | 仕事 | Trackback | Comments(0)